2009年11月10日

相撲八百長報道:講談社側に385万円賠償命令

相撲八百長報道:講談社側に385万円賠償命令…東京地裁

 「週刊現代」の記事で名誉を傷つけられたとして、日本相撲協会と北の湖前理事長が発行元の講談社と筆者の武田頼政氏らに計1億1000万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は9日、385万円の支払いを命じた。同誌は前理事長が06年の大相撲名古屋場所で八百長の仲介を指示したと報じたが、志田博文裁判長は「記事内容について事実確認を何ら行っていない」と指摘した。>>続きを読む

 週刊現代編集部の話 証拠提出した録音テープによっても主張が正当であることは明らかであり、裁判所の判断には納得できないとしている。

posted by raumenwin at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132518259
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。