2009年10月12日

韓国で性犯罪者の「懲役12年」に批判続出

「懲役12年」に批判続出 韓国で性犯罪者の個人情報公開検討

 【ソウル=水沼啓子】韓国で、女児が性的暴行を受けて障害を負った事件を契機に、子供に対する性犯罪者の情報をインターネット上で公開することが検討されている。この事件で下された懲役12年という判決をめぐり、「刑が軽すぎる」との声が高まり、法改正を求める動きも出ている。>>続きを読む

 判決直後から量刑が軽すぎるとして、インターネット上ではより重い判決を求める運動が起こり、2週間ほどで約50万の署名が集まった。韓国青瓦台(大統領府)のホームページにも「死刑か無期懲役などまともな処罰はできないのか。恐ろしくて娘を外に連れて歩けない」などの書き込みが2日間で2千件以上寄せられたという。どこの国でもそういう人間がいるのねぇ〜〜

posted by raumenwin at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。