2009年10月03日

高速4車線化全面凍結、国交省方針

高速4車線化全面凍結、国交省方針 計画中の6区間

 09年度補正予算の見直しで、国土交通省は、全国6区間で計画していた高速道路4車線化工事を全面凍結する方向で最終調整に入った。予算額は3255億円。まだ執行はされていないものの、事業の地方負担分は既に地方議会で可決されており、地方自治体の強い反発が予想される。 >>続きを読む

 政権交代後、前原誠司国土交通相や馬淵澄夫副大臣らが補正予算を厳格に見直した結果、高速道関連事業についてはまだ執行前であることから、凍結した場合の地方経済への影響が比較的少ないと判断したとみられる。 びしばし行ってますなぁ〜、慎重に頼みますよ〜!

posted by raumenwin at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。