2009年09月27日

重要参考人、遺体で発見 自殺か 大分の女性絞殺事件 佐伯港

重要参考人、遺体で発見 自殺か 大分の女性絞殺事件 佐伯港

 27日午前11時ごろ、大分県佐伯市の佐伯港から約100メートルの海上に男性の遺体が浮いているのを遊漁船が見つけ、第7管区海上保安本部経由で佐伯署に通報。歯型などから、佐伯市内で起きた調理師、成迫美恵さん(45)絞殺事件で同署が重要参考人として行方を捜していた無職の男(58)と判明した。>>続きを読む

 男は成迫さんと交際。23日深夜に友人に「人の首を絞めた。これから海に飛び込む」と電話しており、友人から相談を受けた署員が埠頭を捜索中に成迫さんの遺体を見つけた。

posted by raumenwin at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129075881
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。