2009年09月20日

ホロコースト否定発言を非難

ホロコースト否定発言を非難 米国連大使

 ライス米国連大使は18日の記者会見で、イランのアフマディネジャド大統領がホロコースト(ナチス・ドイツによるユダヤ人大虐殺)を否定する発言をしたことについて、「憎むべきコメントだ」と強い不快感を表明した。>>続きを読む

 ギブズ大統領報道官も「ホロコースト否定は根拠がない。そのような悪質なうそを宣伝することはイランを一層国際社会から孤立させるだけだ」と非難したという。なぜ根拠がないものが、あちこちで言われているのだ?

posted by raumenwin at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128427342
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。