2009年04月18日

国立感染症研究所情報センター長のお話

【感染症と人の戦い】国立感染症研究所情報センター長・岡部信彦

 ファッションに、はやり廃りがあるように、感染症にも人々の関心が集まっているものと、そうでないものがある。ここ最近、発生が懸念されてきた新型インフルエンザは、大きな関心を集めたために対策が格段に進んだが、>>続きを読む

「ペスト」の話が出てきたが、これは生物兵器として研究されていた時期があるのだ。今もどこかで研究されているのかもしれないが・・・。

posted by raumenwin at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117735523
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。